ABOUT

「やまなし未来計画」とは
「やまなし未来計画」とは、若者と地元企業が、未来のわくわくする暮らし方・働き方をいっしょに考え、自分らしく幸せな人生をデザインしていくための情報発信プラットフォームです。

企業・団体、自治体、大学を含む教育機関の協働により、基本コンセプトに基づく未来の暮らし方・働き方に関する様々な情報発信を通じて、若者が積極的に「暮らしてみたい、働いてみたい」と思う地域づくりを目指していきます。

「やまなし未来計画」
基本コンセプト
  • わくわくのある暮らし方・働き方を、
    やまなしから発信する。
  • 他と比較しない、 自分らしく
    幸せな生き方をデザインする。
  • 若者の“ニーズ”や“アイデア”から、
    新たな事業を生み出す。
  • 人のつながりや自然の恵みなど、
    “山梨らしさ”を大切にする。
共通ロゴ
「やまなし未来計画」では、産学官それぞれによって行われている、若者の地元定着にかかる様々な取組を分かりやすく発信するために、組織団体の枠を超えて共通で使うことができるロゴマーク「やまなし未来計画」を設けます。
それにより、未来の「暮らす働く」をデザインするための様々な取組を、分かりやすく発信していきます。チラシやポスター、WEBサイト、新聞広告などでこのロゴマークを見つけたら、是非、内容をチェックしてみて下さい。
「未来計画研究社」とは
地元企業・団体と学生をつなぐ新たな学びのコミュニティ。

「未来計画研究社」とは、山梨県内の企業・団体と大学が連携し、実践的な教育や交流などを通じて学びを深めるための新たなコミュニティです。

その特徴は、大きく2つあります。

一つは、学生の多様性にあります。未来計画研究社では、「フューチャーサーチ」をはじめとした様々な授業科目を、県内8大学・短期大学(山梨大学・山梨県立大学・山梨学院大学・山梨英和大学・ 身延山大学・大月短期大学・山梨学院短期大学・帝京学園短期大学)の学生が、「単位互換」という制度を用いて、履修することが出来ます。それによって、大学の枠を超えた多様な学生間の交流が生まれるのです。それを支えているのが、山梨大学、山梨県立大学、山梨学院大学及び山梨英和大学の、多様な専門分野やビジネス経験を持つ教員です。

もう一つは、その内容にあります。例えば、プロジェクト型授業科目「フューチャーサーチ」の中には、「Miraiプロジェクト」 と呼ばれる複数のプロジェクトが設けられ、それぞれが異なる企業・団体と学生が一緒に行われています。各プロジェクトには、達成すべき目標が設けられており、その目標に向けて、社会人と学生が共に試行錯誤をしながらプロジェクトを進めていきます。

その他にも、社会で必要となる汎用的能力を測定するためのテストや、学生自らの将来への想いを1分で発表する「やまなし合同ジブン説明会」の開催など、学生が自らの可能性を引き出すことや、今まで知らなかった多様な地元企業と出会うことが出来る新しい取組も行っています。

それによって、学生が自らの意思で未来を切り開いていくことの出来る力を身につけ、その中で、やまなしで働くことを選択肢のひとつとして捉えてもらえること、そして、夢を持って、やまなしで働いてみたいと思ってもらえることを願っています。

県内8大学の学生

山梨大学・山梨県立大学・山梨学院大学・身延山大学・山梨英和大学・
大月短期大学・山梨学院短期大学・帝京学園短期大学

単位互換により履修
企業・団体がプロジェクトを提供
学生との協働によりプロジェクトを実施
県内企業・団体
新たな学びの場づくり
3つのドメインを通じて未来の「暮らす働く」をデザイン。
未来計画研究社では、産学官の協働により、若者一人ひとりが、自分らしく未来の「暮らす働く」をデザインするための様々な場や機会を提供します。
1.スキルを磨く
「Miraiプロジェクト」などの実践的な教育プログラムを通じて、社会に求められる汎用的能力を身につけます。また、大学で学んだ専門的知識やスキルを発揮して、課題解決に挑むことにより、より高度な実践力を身につけます。
2.自分を知る・伝える
キャリアデザイン教育を通じて、自分の魅力や強みを発見し、未来の暮らし方・働き方を考えます。そして、将来の夢やなりたい自分の姿などの想いを「やまなし合同ジブン説明会」で伝えるなど、社会との多様な交流の機会を設けます。
3.企業・社会を知る
業界研究セミナーやインターンシップ、WEBマッチングサイト「やまなし若者と企業のための「働き方」相性診断」などを活用して、自分の価値観や仕事観にあった企業や仕事を探ります。そして、自分が思い描く未来の暮らし方・働き方の実現を目指します。
一人ひとりが、未来の
「暮らす働く」をデザインできる場・機会を提供